MENU

カリウムには副作用はあるの?

 

カリウムの副作用とはカリウムの異常摂取による高カリウム血症がありますが、よほど薬やサプリメントを大量に取らない限りは考えられません。カリウムの取りすぎによる副作用の症状は、吐き気や胸やけ、ゲップ、下痢など胃腸障害に出てきます。

 

元々腎臓に障害がある人は要注意ですが、普通の人は取りすぎた分は腎臓で処理されて尿として排出されるので心配はいりません。むしろカリウムが不足する方が心配です。

 

カリウムが不足すると、体の不純物が排出されないから、浮腫が出てきます。不純物がたまり血液が汚れてドロドロになるから血圧が上がってきます。脱水症状もかかりやすくなります。不整脈も出てきます。

 

カリウムは体の中の余分な老廃物や水分を体外へ排出させる働きのある大事な成分です。しかし熱に弱く水に溶けやすいので必要量を摂取することは難しく、ほとんどの方はカリウムが不足しています。浮腫みの原因もカリウムの不足によるのが多いのです。1日の必要量を食事で補うのは大変ですから、足らない部分はサプリメントで補いましょう。

 

一般的にはサプリメントは安全とされていますが、カリウムの過剰摂取をしてしまうとなんらかの症状があらわれます。むくみ症状がでた場合カリウムのサプリメントは中止した方がよいでしょう。